DKB 1stフルアルバム 『The dice is cast』 のタイトル曲 『ALL IN』 MV ティーザー#4 公開

カムバックを明日に控えたDKBが、新曲『ALL IN』のミュージックビデオティーザー最後のユニットバージョンを公開し、カムバック間近であることを知らせた。

 

彼らの所属事務所であるBraveエンターテイメントは今月29日(月)午前0時、公式SNSを通じて、1stフルアルバム『The dice is cast』のタイトル曲、『ALL IN』のミュージックビデオティーザー最後のユニットバージョンを公開。


ティーザー映像には、メンバーのE-CHAN、YUKU、HARRY‐JUNEが登場した。彼らはアンティークながらもヴィンテージ感のあるレストランで、テーブルの上に置かれたものを払いのけ、テーブルクロスを強くつかみ取る姿や、顔を覆いながら苦しむ姿などを演じて、それぞれが悲しく切ない感情を表現し、視線を集めた。特に最後のシーンで、儚く切ない眼差しでカメラをじっと見つめるE-CHANの眼差しは、ファンを夢中にさせ、賞賛を集めた。

また今回のティーザーでは、DKBの新曲『ALL IN』スポイラーコンテンツで、今まで公開されていなかった新たなパートで、新曲への期待感をより一層高めた。

 

DKBの1stフルアルバム『The dice is cast』のタイトル曲『ALL IN』は、感性を刺激するピアノの旋律と、思わずノッてしまうリズムに808サウンドが加わったポップダンス曲で「愛する人に自分の全てをかける」という心の変化をロマンチックな歌詞で紡いだ曲だ。

DKBは今月30日(火)正午に、1stフルアルバム『The dice is cast』を発表する。